日産「スカイラインGT-R R34」型のモバイルバッテリーが発売

2019年1月17日 18:49

小

中

大

印刷

日産 車型 スカイラインGT-R R34 NISMO Ztune。(画像:フェイス発表資料より)

日産 車型 スカイラインGT-R R34 NISMO Ztune。(画像:フェイス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • ブルーのモデル。
  • ブルーのモデル。
  • 使用のイメージ。
  • 使用のイメージ。
  • 使用のイメージ。

 スカイラインGT-R R34。スカイラインGT-Rの5代目にあたり、1999年から2002年まで販売された、スカイラインGT-Rの名を与えられた最後のモデルである。フェイス社は、このR34の形状などを忠実に再現したモバイルバッテリーを、2019年1月23日に発売する。

【こちらも】GT-Rを失った「スカイライン」復活は無理?日本で唯一設計者の名が残るレジェンド

 スカイラインGT-Rは日産の歴史の中でも特別な車だ。スカイラインの誕生(1957年)から12年後、1969年に登場したこの名を持つ車は、スカイラインの中でも特別に、サーキットでの使用に主眼を置いた車であった。日本の国産スポーツカーの金字塔的存在でもあり、また熱狂的なファンも多く、メーカー側のこだわりも深いものがあった。

 2019年1月現在、GT-Rはスカイラインの名を外しており、これ以上詳しい話についてはまた他に譲るほかはないが、ともかく、特別な名車なのだ、ということを繰り返し強調しておきたい。

 さて、このモバイルバッテリーは、「カセットカープロダクト」というシリーズの一商品である。容量は4500mAh、USB出力ポートX1。スマートフォンやタブレット、Wi-fiルーターなど幅広い周辺機器への充電が可能である。

 なお、非公式の商品ではなく、日産のライセンスを正式に取得して販売されるものである。

 カラーは、シルバーと、海外で人気のあるブルーも用意されている。スマートフォンに接続すると、モバイルバッテリーのランプとして、車のフロントライトに当たる部分が点灯し、いかにもそれらしい装いを見せてくれる。

 ケーブルを接続している状態のときはさておき、接続部分は背面収納のため、置いておけば外見はミニチュアカーそのものだ。

 価格は税抜6,000円、サイクル寿命は約500回。なお、ACコンセント用のUSBアダプターは付属しない。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードGT-Rモバイルバッテリースカイライン

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース