韓国・現代、4足歩行自動車のコンセプトを発表

2019年1月16日 10:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 韓国・Hyundaiが「4足歩行可能な自動車」のコンセプトを発表した(CNNClicccar)。

 伸縮可能な4本の足の先にはタイヤが備えられており、足を縮めた状態では普通の自動車のように走行が可能。通常走行できない場所では足を伸ばして4足歩行することが考えられているようだ。災害の被災地でがれきが散乱するような場所での救助活動などへの利用が考えられている模様。

 スラドのコメントを読む | ロボット | 交通

 関連ストーリー:
ボストン・ダイナミクス、4足歩行ロボットを2019年に発売 2018年05月17日
Boston Dynamics、より洗練された4足歩行ロボtto「SpotMini」の動画を公開 2017年11月16日
Boston Dynamicsの最新4足歩行ロボット、バナナの皮を踏んで転ぶ 2016年06月25日
小型ロボットカートによるご近所配送というアイデア 2015年11月06日
東芝、福島第一原発での作業向けに4足歩行ロボットを開発 2012年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース