農水省、「恵方巻」の需要に見合う販売を業界団体に呼びかけ

2019年1月15日 22:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 最近では節分に「恵方巻」と呼ばれる太巻きを食べる風習が全国的に広まっているが、それに合わせてスーパーなどが大量に恵方巻を店頭に並べるようになり、多くの売れ残りが廃棄されることが問題となっている。そのため、農林水産省がコンビニエンスストアやスーパーの業界団体に対し販売方法を見直すよう文書で通知を行った(NHKITmedia農水省の「食品リサイクル・食品ロス」ページ)。

 これによると、「貴重な食料資源の有効活用という観点を踏まえた上で、需要に見合った販売の推進について会員企業への周知を依頼」するという。また、大量廃棄を回避したスーパーの取り組みに付いても紹介されている。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 政府

 関連ストーリー:
農水省、ビワの種子の粉末は有害物質が含まれているので食べないよう呼びかけ 2017年12月07日
雑種のフグが増加中、有毒部位が分からないため多くが廃棄に 2017年06月23日
廃棄処分となったCoCo壱番屋の冷凍カツなどを産廃処理業者が不正転売、一般に流通していた 2016年01月16日
バターが品薄に。農水省は最大限供給を大手乳業メーカーと業界団体へ要請 2014年12月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード恵方巻農林水産省

広告

財経アクセスランキング