顔の皮膚をリアルタイムで分析し化粧品を吹き付けるデバイス P&Gが開発

2019年1月15日 22:59

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 インクジェットプリンタのように化粧品を顔面に吹き付けるデバイスをP&Gが開発した(ITmediaCNET Japan)。

 このデバイスはカメラと化粧品を吹き付けるジェットプリンタで構成されており、毎秒150枚の頻度で皮膚をスキャンしてシミやそばかす、ほくろを検出しそこに専用の化粧品を噴射するという。これにより、効率的に「隠したい部分」のみに化粧品を塗布できる。

 現在試作品が開発されているようだが、製品化についてはまだ未定のようだ。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | プリンター

 関連ストーリー:
3Dプリンタ技術を使って顔面に化粧をプリントするデバイス 2015年04月15日
ソニーが肌解析システムを発表 2015年02月06日
肉眼ではホコリにしか見えない「ナノ彫刻」を特殊な3Dプリント技術で作製 2014年11月18日
火傷治療用の人口移植皮膚を作る3Dプリンタ 2014年09月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告