【どう見るこの株】注目のファイナンスありの「訳あり」銘柄

2019年1月15日 10:28

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■ファイナンス価格が下値意識を高め業績下方修正株は安川電型展開も考慮

 ファイナンスありの「訳あり」銘柄では、新株式発行の発行価格や自己株式立会外分売の分売価格のクリアが、株価政策のメーンテーマとなるはずで下値抵抗ラインとして意識される。

 このうちプレミアグループ<7199>(東1)は、市場変更承認とともに新株予約券発行を発表、希薄化懸念を強めストップ安を交え2769円まで急落し足元は3100円台までリバウンドしたが、これは同時発表の株式分割(1株を2株に分割、基準日3月31日)の権利取りによるもので、なお戻りを試す株価材料となりそうだ。

 またOrchestra Holdings<6533>(東1)とファイズ<9325>(東1)が昇格記念増配を発表し、ファイズの通販向けの配送事業と時流性のある業態や、PER評価が6倍台と市場平均を大きく下回るグローバル・リンク・マネジメント<3486>(東1)ともども、要注目となる。

 やや問題含みなのは、今期業績を下方修正した2銘柄である。

 クロスキャット<2307>(東1)は、あろうことか市場変更承認日に今3月期業績の下方修正を発表し、株価は昨年来安値791円まで急落、足元では急落前の1000円台まで戻した。

 一方、ベイカレント・コンサルティング<6532>(東1)は、連休前の11日に今2月期業績の下方修正と自己株式取得の好悪両材料を発表した。

 しかし両銘柄の株価水準は、それぞれPER6倍台、PER13倍台と割安水準にあり、連休前に今2月期業績の2回目の下方修正を発表した安川電機<6506>(東1)が、反発して引けたことを勘案すれば、逆に織り込み済みとなる可能性もありウオッチする必要がある。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ASIANSTARは調整一巡感、18年12月期3Q累計営業減益だが通期大幅増益予想(2018/11/14)
ラクーンホールディングスは戻り歩調、利用企業数増加基調で19年4月期2桁増益予想(2018/11/13)
ソフトクリエイトホールディングスは上値試す、19年3月期2Q累計が計画超の大幅増益で通期上振れの可能性(2018/11/13)
クレスコは前日比変わらずも今期2Q累計経常利益の上ぶれ着地と受注高続伸を手掛かりに再々騰余地(2018/11/16)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース