Google Chrome、不快な広告の非表示化を7月9日から全世界に拡大

2019年1月13日 20:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Google Chromeではユーザーが特に不快と感じる広告を昨年から北米と欧州で非表示化しているが、7月9日には対象を全世界に拡大することが発表された(Chromium Blogの記事The Registerの記事The Vergeの記事VentureBeatの記事)。

非表示化されるのはオンライン広告を良くするための業界団体Coalition for Better AdsのBetter Ads Standardsに従わない広告で、北米と欧州では昨年2月に有効化された。目的は広告の非表示化ではなくWebを良くすることであり、Googleは非表示化の対象となる広告を掲載するWebパブリッシャーに対しては事前に通知を送っていた。

その結果、北米と欧州では1月1日時点でBetter Ads Standardsに従わない広告を掲載していたパブリッシャーの3分の2が広告を改善したという。また、Googleが確認した数百万サイトのうち、Chromeで非表示化される広告を掲載しているのは1%未満とのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | Google | 広告 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Google Chromeの「迷惑な広告」フィルタが2月15日より有効に。日本はまだ対象外 2018年02月21日
Google、来年2月からChromeで「適切でない広告」をブロックへ 2017年12月25日
Google、ユーザーが特に不快に感じる広告を表示するWebパブリッシャーへの通知を開始 2017年08月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChromeChromium

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース