ローソン、人気の「悪魔のおにぎり」をリニューアル 焼うどんやパンも追加

2019年1月12日 21:01

小

中

大

印刷

悪魔のおにぎり。(画像:ローソン発表資料より)

悪魔のおにぎり。(画像:ローソン発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ローソンは、人気商品「悪魔のおにぎり」の具材などをリニューアルして1月15日より発売するとともに、新商品「悪魔の焼うどん」を1月15日から、「悪魔のパン」「悪魔のトースト」を1月22日から発売する。

【こちらも】ローソン、年末年始限定スイーツ 「おせちパフェ」や「紅白たい焼き」

 悪魔のおにぎりは2018年の10月に発売された、コンビニおにぎりの世界で言えばまったく新しい新商品であったが、爆発的なヒットを記録した。刺激的なその名前がどういうものを表しているかというと、白だしで炊いたごはんに天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎりである。

 テレビやSNSなどでも話題となり、定番商品以外はなかなか伸びないという保守的なコンビニおにぎりの世界にあって、20年間ローソンの売り上げ首位に君臨していたシーチキンマヨネーズをも一時抜き去り、わずか数カ月(2019年1月9日現在まで)で1,700万個の販売数を記録した。

■悪魔のおにぎり

 1月15日発売、税込(以下同)110円。今回のリニューアルでは、ごま油とねぎを加えることでさらに風味が増した。販売期間中、青のりはあおさに変更になる可能性あり。

■悪魔の焼うどん

 1月15日発売、399円。醤油・みりん・砂糖・かつおとこんぶの合わせだしなどで味付けをした焼うどんに、悪魔シリーズのあおさのり入り天かすを合わせ、さくっとした食感が楽しめる。

■悪魔のパン

 1月22日発売、150円。薄焼きのパンの上に天かすとあおさを乗せて、天つゆ入りソースとマスタードをかけたもの。

■悪魔のトースト

 1月22日発売、125円。食パンに2種のチーズクリームとシュレッドチーズをトッピングし、グラニュー糖をかけて焼き上げたもの。やみつきになる、ということで既にSNSでも話題の食べ方によるものだ。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードローソン

広告

広告

写真で見るニュース

  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
  • 新型「BMW X1」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • エクステリア(写真:トヨタ自動車発表資料より)
  • 完成した住友不動産秋葉原駅前ビル(住友不動産発表資料より)
  • 登録証と記念盾。(画像:Meiji Seikaファルマ発表資料より)
  • 結び目状をした複数の星周円盤が連星系を囲む様子 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), Alves et al.
 

広告

ピックアップ 注目ニュース