宇宙からのメッセージ? 連続して発信される高速電波バーストを発見 加大学

2019年1月11日 18:11

小

中

大

印刷

 宇宙の彼方から飛来する「高速電波バースト(FRB)」。地球外生命体が発信した等、FRBの原因については想像が尽きないが、いまだ謎のままだ。カナダのブリティッシュコロンビア大学は9日、繰り返し発信されるFRBを発見したと発表した。FRBはこれまで何度も検出されているが、連続した電波の受信は2度目だ。

【こちらも】宇宙から飛来する謎の電磁パルス「高速電波バースト」を新たに観測 オーストラリア

■大学生が最初に発見したFRB

 FRBは、宇宙の彼方から数ミリ秒単位で発信される電波だ。米ウエストバージニア大学の学生が、2001年に最初にFRBを発見した。FRBを報告した指導教官のデュネカン・ロリマーにちなんで、当初はロリマーバーストと呼ばれた。

 これまで発見されたFRBのほとんどは、同じ場所から発信されないランダムな電波だった。2012年に発見された「FRB 121102」は唯一の例外で、繰り返し発信された電波だった。ところが今回、カナダ水素密度マッピング実験(CHIME)が、繰り返し発信されるFRBを検出した。最初に発見されたFRB 121102と極めて似た特徴をもつという。

 これまで発見されたFRBのほとんどは、1,400メガヘルツから2,000メガヘルツのあいだの周波数をもつ。一方、今回発見されたのを含め、繰り返し発信された2度のFRBは、400メガヘルツから800メガヘルツの間で、低い周波数をもつ。

■FRBが宇宙の構造の理解を深める

 今回のCHIMEによるFRBの発見は、宇宙の理解を深める可能性を秘めているという。「(今回発見された連続して生じる)FRBの研究が宇宙内の電子や磁場の分布の検出に役立つ」と、カナダ・マギル大学のシュリハーシュ・テンドルカール氏は語る。宇宙の構造や分布を理解するのに、FRBが役立つという。

 「われわれが知りたいのは、FRBがどのような種類の物体であり、ほかの爆発とどのように関連するのか、そしてそれはガンマ線バーストや超新星爆発といったわれわれの知る物体なのかだ」と、同氏は話す。

 研究グループは今後、位置情報や周辺の磁場環境を調べるため、FRBから高解像度のデータを捉える予定だ。

 研究の詳細は、英科学誌Natureにて7日に掲載されている。(記事:角野未智・記事一覧を見る

関連キーワード地球外生命超新星カナダ

広告

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース