宇宙からのメッセージ? 連続して発信される高速電波バーストを発見 加大学

2019年1月11日 18:11

小

中

大

印刷

 宇宙の彼方から飛来する「高速電波バースト(FRB)」。地球外生命体が発信した等、FRBの原因については想像が尽きないが、いまだ謎のままだ。カナダのブリティッシュコロンビア大学は9日、繰り返し発信されるFRBを発見したと発表した。FRBはこれまで何度も検出されているが、連続した電波の受信は2度目だ。

【こちらも】宇宙から飛来する謎の電磁パルス「高速電波バースト」を新たに観測 オーストラリア

■大学生が最初に発見したFRB

 FRBは、宇宙の彼方から数ミリ秒単位で発信される電波だ。米ウエストバージニア大学の学生が、2001年に最初にFRBを発見した。FRBを報告した指導教官のデュネカン・ロリマーにちなんで、当初はロリマーバーストと呼ばれた。

 これまで発見されたFRBのほとんどは、同じ場所から発信されないランダムな電波だった。2012年に発見された「FRB 121102」は唯一の例外で、繰り返し発信された電波だった。ところが今回、カナダ水素密度マッピング実験(CHIME)が、繰り返し発信されるFRBを検出した。最初に発見されたFRB 121102と極めて似た特徴をもつという。

 これまで発見されたFRBのほとんどは、1,400メガヘルツから2,000メガヘルツのあいだの周波数をもつ。一方、今回発見されたのを含め、繰り返し発信された2度のFRBは、400メガヘルツから800メガヘルツの間で、低い周波数をもつ。

■FRBが宇宙の構造の理解を深める

 今回のCHIMEによるFRBの発見は、宇宙の理解を深める可能性を秘めているという。「(今回発見された連続して生じる)FRBの研究が宇宙内の電子や磁場の分布の検出に役立つ」と、カナダ・マギル大学のシュリハーシュ・テンドルカール氏は語る。宇宙の構造や分布を理解するのに、FRBが役立つという。

 「われわれが知りたいのは、FRBがどのような種類の物体であり、ほかの爆発とどのように関連するのか、そしてそれはガンマ線バーストや超新星爆発といったわれわれの知る物体なのかだ」と、同氏は話す。

 研究グループは今後、位置情報や周辺の磁場環境を調べるため、FRBから高解像度のデータを捉える予定だ。

 研究の詳細は、英科学誌Natureにて7日に掲載されている。(記事:角野未智・記事一覧を見る

関連キーワード地球外生命超新星カナダ

広告

広告

写真で見るニュース

  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
  • 8月16日に行われたNASAによる発表の様子 (c) NASA Television
  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース