キートップに電子ペーパー、全キーの割り当て変更が可能なキーボード登場

2019年1月9日 22:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 キートップに電子ペーパーディスプレイを配し、キー割り当てを自由に変更可能というキーボードをフランスのNemeioという会社がCES 2019に出品しているそうだ(SlashGear公式サイト)。

 通常のキーボードでもキー割り当てソフトウェアを使用すれば割り当て変更は実現できるが、キートップの刻印は変わらない。Nemeioのキーボードでは専用ソフトウェアを使用し、ドラッグ&ドロップで全キーの割り当てが変更できるだけでなく、キートップに配した電子ペーパーディスプレイの表示も割り当てに合わせて変更されるという。キートップの書体も変更できるようだ。PCやスマートフォンなどとの接続にはBluetoothおよびUSBが利用可能で、充電にはUSBを使用する。

 なお、現在のところ価格や発売時期については発表されていないそうだ。個人的には必ず右CtrlをDelと入れ替えるが、スラドの皆さんはキー割り当てを変更しているだろうか。差し支えなければ変更内容やその理由もコメントしてほしい。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 入力デバイス | ハードウェア

 関連ストーリー:
2018年は自作キーボードがブームに 2018年12月18日
左右分離型メカニカルキーボード、クラウドファンディングで資金募集中 2015年11月09日
iOS 9のキーボード、Shiftキーがオフの状態ではキートップが小文字表示に 2015年06月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードキーボード