米App Store、偽のAmazon Alexaセットアップアプリが一時チャート上位に

2019年1月2日 10:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 「Setup for Amazon Alexa」というiOS向けの偽アプリが一時米国のApp Storeでチャート上位に入っていたようだ(9to5MacVentureBeat)。

 アプリの説明にはデバイスを正しく設定する手順や重要なコマンドを教えると書かれている。しかし、起動するとユーザーのIPアドレスやデバイスのシリアルナンバー、「name」の入力を求めるだけで、Amazon Alexaのセットアップはできないという。その一方でポップアップ広告が繰り返し表示されるようになるとも報告されていた。

 ホリデーシーズンでAlexaデバイスを新規に購入したり、プレゼントでもらったりしてセットアップに悩む人が多いとみられ、米国のiTunesでは一時「無料App」カテゴリーで60位、ユーティリティ部門で6位に入っていたとのこと。Internet Archiveには12月23日のスナップショットのみが保存されているが、この時点ではユーティリティ部門25位となっている。

 アプリの開発元One World Softwareは他にも2本のアプリをApp Storeで公開(Internet Archiveのスナップショット)していたが、現在はSetup for Amazon Alexaを含めすべて削除されている。One World Softwareのプライバシーポリシーでは個人情報を入力しなければサービスを提供しないこと、ユーザーの位置情報も収集すること、収集した情報はマーケティング目的でサードパーティーと共有することなどが記載されている。

 今年はAppleの審査をくぐり抜けてApp Storeで公開された偽アプリがたびたび発見されている。9月にはMac App Storeで公開されていた「Adware Doctor:Anti Malware &Ad」が報告の1か月後に削除されており、先日はユーザーをだましてTouch IDによる支払いを実行させる複数のiOS向け偽フィットネスアプリが削除されている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | spam | iOS | プライバシ

 関連ストーリー:
マカフィーが2018年10大セキュリティ事件を発表 2018年12月13日
Google Playで発見されるマルウェア、インストール件数は水増しされている? 2018年11月25日
採掘できない暗号通貨にも対応する偽採掘アプリ 2018年10月14日
Mac App Store、不正な処理を行っていたアプリについて通報後も1か月放置 2018年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAmazonMaciTunesAlexa

関連記事

広告