トランスG 大幅高、新規肺がんマーカーの抗体と診断応用で日本の特許査定/新興市場スナップショット

2018年12月27日 13:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:33JST <2342> トランスG 424 +30
大幅高。国立がん研究センターと共同で国際特許出願していた新規肺がんマーカースプライスバリアント型α−アクチニン-4に対する抗体と診断応用について、日本特許庁から特許査定を受けたと発表している。今後、知的財産権の収益化の一環として、小細胞性肺がん等の診断に有用な簡易検出システムを診断薬メーカー向けにライセンスするなど実用化に向けた取り組みを進める。《US》

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース