トランスG 大幅高、新規肺がんマーカーの抗体と診断応用で日本の特許査定/新興市場スナップショット

2018年12月27日 13:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:33JST <2342> トランスG 424 +30
大幅高。国立がん研究センターと共同で国際特許出願していた新規肺がんマーカースプライスバリアント型α−アクチニン-4に対する抗体と診断応用について、日本特許庁から特許査定を受けたと発表している。今後、知的財産権の収益化の一環として、小細胞性肺がん等の診断に有用な簡易検出システムを診断薬メーカー向けにライセンスするなど実用化に向けた取り組みを進める。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース