【中国の視点】英国通信大手:5G設備に中国製品使用、米国の安全問題説に疑問

2018年12月27日 12:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:20JST 【中国の視点】英国通信大手:5G設備に中国製品使用、米国の安全問題説に疑問
中国メディアによると、英国の大手通信会社BTグループは24日に次世代通信「4G、5G」などの基地局を中国の大手通信会社ファーウェイの製品を使用すると発表したという。また、同国の携帯大手O2は来年1月からファーウェイの5G製品に対し、テストを行う計画だと報じられた。ほかに、携帯大手EEやボーダフォンがファーウェイ5G製品のテストをすでに始まったとも報じられた。

英国のほか、ドイツ政府もファーウェイ製品について、自国の安全検査が十分だと強調した。ファーウェイ製品から安全問題が検出されないとの報告が示された。ドイツ政府は、国内の通信業者によるサプライヤーの自由選択を認めると発言した。同国の通信大手ドイツテレコムはこのほど、需要や投資の拡大などを受け、ドイツ企業は品質がよくてコストパフォーマンスが良い製品を排除することで受ける経済損失を耐え難いと強調した。

これとは対照的に、米国や日本などの通信会社が安全保障上の懸念から中国製品を排除することを決めている。

中国の専門家は、米国が現在までファーウェイ製品から安全問題を検出していないと批判した。ファーウェイ製品が安全問題よりも貿易戦争のターゲットになっていると強調。また、米国発の世界的な貿易戦争について、米国が最終的に最大の敗者になるとの見方も示した。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「vibes.」のイメージ。(画像: Reviveの発表資料より)
  • 夏ぶたチーズ4。(画像:日本ピザハット発表資料より)
  • ロッテリア クラシック チリミート。(画像:ロッテリア発表資料より)
  • 渋谷パルコのイメージ(竹中工務店提供、パルコ発表資料より)
  • プロキシマケンタウリを周回するプロキシマケンタウリbのイメージ図。(c) ESO/M. Kornmesser
  • 黄金チーズと贅沢4種ハムのピザ。(画像:フォーシーズ発表資料より)
  • 「マツダ ロードスター RF」(画像: マツダの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース