山崎製パン、「PREMIUM SWEETS」シリーズから「苺」使った3品発売

2018年12月26日 09:43

小

中

大

印刷

「苺のロール(北海道産生クリーム使用)(左)」、「ひとつぶ苺のシュークリーム(右上)」「ひとつぶ苺のスフレケーキ(右下)」(写真:山崎製パンの発表資料より)

「苺のロール(北海道産生クリーム使用)(左)」、「ひとつぶ苺のシュークリーム(右上)」「ひとつぶ苺のスフレケーキ(右下)」(写真:山崎製パンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • 「ミニスナックゴールド」(写真:山崎製パンの発表資料より)

■「PREMIUM SWEETS」シリーズから新商品発売

 山崎製パンは、素材やおいしさにこだわったチルドデザート「PREMIUM SWEETS」シリーズから、本格的なシーズンを迎える「苺」を使った新商品を発売する。「苺のロール(北海道産生クリーム使用)」と「ひとつぶ苺のシュークリーム」、「ひとつぶ苺のスフレケーキ」の3品。全国のスーパーなどで、2019年1月1日より販売する。

【こちらも】1粒1000円の高品質イチゴ IT活用したスマート農業で出荷

■商品ラインナップ

 「苺のロール(北海道産生クリーム使用)」
 苺味のスポンジ生地に、ホイップクリームとあまおう苺を使った苺ジャムを巻き込んだ。北海道産生クリームを使った濃厚なホイップクリームは、甘酸っぱいあまおう苺ジャムをアクセントに効かせている。

 「ひとつぶ苺のシュークリーム」
 シューパフをカットし、カスタードクリームと苺1粒と北海道産練乳を使ったホイップクリームをたっぷり入れたシュークリーム。上品な甘さのカスタードクリームと濃厚なホイップクリームが、みずみずしく甘酸っぱい苺とマッチしている。

 「ひとつぶ苺のスフレケーキ」
 ふわふわ食感のスフレ生地に、苺ジャムとホイップクリーム、苺1粒を挟んだ。ホイップクリームは、北海道産練乳を使い、濃厚でなめらかな口当たり。生地のふわふわ感に苺と苺ジャムの甘酸っぱさが濃厚なホイップクリームがよく合う。

■「苺」商品の販売状況

 苺は、1月が出荷の本格的なシーズンを迎える。全国いちご消費拡大協議会は、1月15日を「いいいちご」の語呂合わせから「いちごの日」に制定している。セブンイレブンは26日より、見た目も可愛らしい甘酸っぱい苺スイーツ4品を用意し、ひと足早く春色の「いちごスイーツフェア」を開催予定。ミニストップは25日より、年末から春先のいちごの季節に合わせ、いちごの香りと味わいが楽しめるアイスやスイーツ、菓子パンなどを発売中。

■ロングセラー菓子パン「ミニスナックゴールド」リニューアル発売

 また、山崎製パンは2019年1月1日より、誕生50周年を迎えるロングセラー菓子パン「ミニスナックゴールド」も、リニューアル発売する。パン生地にルヴァン種を活かし、ぐるぐるとうずまき状に巻き上げたデニッシュ生地の香ばしい風味と歯切れのよさをさらに向上させた。新春にふさわしく、華やかなデザインの特別パッケージは、1月下旬頃までの期間限定。今後も味やボリューム感で、若い世代からの支持を狙う。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードセブンイレブンケーキミニストップ

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース