NY原油先物は続落、米国内の石油掘削装置稼働率が増加

2018年12月22日 08:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:06JST NY原油先物は続落、米国内の石油掘削装置稼働率が増加

NYMEX原油2月限終値:45.59 ↓0.29

21日のNY原油先物2月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比−0.29ドルの45.59ドルで通常取引を終えた。米国内の石油掘削装置稼働率が増加したため、米原油増産への思惑が強まり、供給過剰懸念が売り材料となった。また、世界経済の成長減速に伴う需要鈍化懸念もくすぶった。《TN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 国内では2019年秋に一般公開予定のBMW・8シリーズ グランクーペ(画像: BMWの発表資料より)
  • 実験実施時の様子。(画像:大阪大学発表資料より)
  • アウトバーストを起こす超大質量ブラックホール (c)  X-ray: NASA/CXO/CSIC-INTA/G.Miniutti et al.; Optical: DSS
  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース