NY原油先物は続落、米国内の石油掘削装置稼働率が増加

2018年12月22日 08:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:06JST NY原油先物は続落、米国内の石油掘削装置稼働率が増加

NYMEX原油2月限終値:45.59 ↓0.29

21日のNY原油先物2月限は続落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日比−0.29ドルの45.59ドルで通常取引を終えた。米国内の石油掘削装置稼働率が増加したため、米原油増産への思惑が強まり、供給過剰懸念が売り材料となった。また、世界経済の成長減速に伴う需要鈍化懸念もくすぶった。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース