太陽から約180億kmの場所で新たな天体が見つかる

2018年12月22日 08:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国際天文学連合などの研究者らが、太陽から約180億km離れた場所で直径500kmほどの天体を発見したと発表した(CNNギズモード・ジャパン)。

 この天体は今年11月10日、ハワイ・マウナケアにある国立天文台のすばる望遠鏡で発見され、その後他の望遠鏡でも観測が続けられていた。現在「2018 VG18」という仮名が付いているが、「遥か遠く」という意味の「Farout」という愛称でも呼ばれているという。

 太陽からここまで遠く離れた場所で天体が見つかったのは初めてだという。動きは非常に遅く、軌道を調べるのには時間がかかるようだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙

 関連ストーリー:
中国、12月8日に月最大のクレーターに探査機を投入予定。植物育成が可能などを調査 2018年12月08日
地球から6光年のバーナード星にスーパーアースが見つかる 2018年11月15日
初めて「太陽系外の惑星を公転する衛星」の証拠が見つかる 2018年10月09日
2008年に大気圏に突入した微小天体はかつて太陽系に存在した惑星の残骸? 2018年04月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード国立天文台すばる望遠鏡

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース