セブンイレブン、「いちごの日」に合わせ「いちごスイーツフェア」開催

2018年12月21日 12:43

小

中

大

印刷

「いちごスイーツフェア」(写真:セブンイレブンの発表資料より)

「いちごスイーツフェア」(写真:セブンイレブンの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

■「いちごスイーツフェア」開催

 セブン-イレブン・ジャパンは26日より、1月5日と15日の「いちごの日」に合わせ、ひと足早く春色の「いちごスイーツフェア」を開催する。見た目も可愛らしい甘酸っぱい苺のスイーツで、人気の「生どら」と「苺モンブラン」を合わせた「苺クリーム&ホイップ生どら」など4品。1個129円~297円(価格はいずれも税込)。

【こちらも】セブン、パーティー向けにボリューム・素材にこだわったサラダ・スープ発売

■商品ラインナップ

 「贅沢いちごもこ」:151円
 見た目がピンク色で可愛らしく、もちっとした食感の「もこ」生地で、苺の果肉を加えた苺クリームが、なめらかでつぶつぶとした食感。

 「苺クリーム&ホイップ生どら」:199円 1月1日より
 専用工場の鉄板を使って焼いたどら焼きの生地は、隠し味に醤油などを加え和の風味で、ふんわりとした仕立て。甘酸っぱい苺クリームと濃厚なホイップクリームを挟み、気軽に片手で食べられる。

 「苺モンブランプリンパフェ」:297円 1月3日より
 カスタードプリンの周りに甘酸っぱい苺クリームをモンブラン絞りにし、見た目が華やかなボリュームのあるプリンパフェ。

 「苺ちょこもち3個入り」:129円 1月8日より
 一口サイズのやわらかい餅で、苺の濃い果汁を加えた淡いピンク色で甘酸っぱい上品な苺味のチョコを包み、ココアパウダーをまぶした。

■昨年の「いちごの日」発売状況

 セブンイレブンは2017年12月にも、「いちごの日」に合わせた「苺スイーツフェア」を開催している。この時には、こだわり卵「エグロワイヤル」を使った濃厚なカスタードと苺ホイップを重ねた2層仕立ての「ダブルクリームの苺ホイップ&カスタードシュー」や、外見が可愛らしいピンク色のどら焼生地の「もっちり苺みるくどら」、そして、「苺のモンブラン」の3品を発売した。

■「いちごの日」とは

 いちごの日は、全国いちご消費拡大協議会が、いちごの出荷が本格化する旬の時期の1月15日に、「いいいちご」の語呂合わせから制定した。(記事:さゆり・記事一覧を見る

関連キーワードセブンイレブンモンブラン

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
  • 「ポルシェタイカン」ナルドでのテスト風景(画像:ポルシェ ニュースルーム発表資料)
  • 蛇田店に配備されているせいきょう便(みやぎ生協発表資料より)
  • アストンマーティンから誕生する初SUVは、多くの自動車ファンの関心を集めそうだ(画像: アストンマーティン発表資料より)
  • スターバックスリザーブストア銀座マロニエ通りの外観イメージ。(画像:スターバックスコーヒージャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース