日経平均テクニカル:続落、10月安値割り基準線も下向きに

2018年12月19日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続落、10月安値割り基準線も下向きに
19日の日経平均は続落。ローソク足は陰線を引き、節目の21000円や10月26日のザラ場安値20971.93円を下回った。25日線など主な移動平均線は下降を続け、下落トレンド延長を示唆した。一目均衡表では、日々線が雲下で推移し、遅行線は株価の下方で弱気シグナル発生を継続。転換線が下降を続ける一方、基準線は横ばいから下向きに変わり、売り方優位が一段と鮮明になった。ボリンジャーバンドでは、ザラ場安値が-2σを割り込んだ。終値ベースで中心線を超えていた13日を直近ピークとする下降トレンドが続いており、20日以降の日経平均は本格的な-2σ割れも警戒される。《FA》

広告

広告