ソフトバンク 史上最大のIPOとして東証1部に新規上場、逆風下で低調スタート

2018年12月19日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:42JST ソフトバンク---史上最大のIPOとして東証1部に新規上場、逆風下で低調スタート
ソフトバンク<9434>は本日東証1部に新規上場、初値は1463円で公開価格の1500円を2.5%下回るスタートに。その後の安値は1344円と、公開価格を10%強下回る水準まで下落している。市場からの吸収額は2.6兆円超と過去最大のIPOとなったが、足元で中小型株の下げがきつく、個人投資家のマインドが低下する逆風下、需給懸念は強く低調な出だしとなっている。なお、今後はFTSE、MSCI、来月末のTOPIXなどインデックスファンドの資金流入が続く見込み。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース