ソフトバンク 史上最大のIPOとして東証1部に新規上場、逆風下で低調スタート

2018年12月19日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:42JST ソフトバンク---史上最大のIPOとして東証1部に新規上場、逆風下で低調スタート
ソフトバンク<9434>は本日東証1部に新規上場、初値は1463円で公開価格の1500円を2.5%下回るスタートに。その後の安値は1344円と、公開価格を10%強下回る水準まで下落している。市場からの吸収額は2.6兆円超と過去最大のIPOとなったが、足元で中小型株の下げがきつく、個人投資家のマインドが低下する逆風下、需給懸念は強く低調な出だしとなっている。なお、今後はFTSE、MSCI、来月末のTOPIXなどインデックスファンドの資金流入が続く見込み。《US》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース