UDトラックス、大型トラックのレベル4自動運転デモ 20年までに実用化目指す

2018年12月18日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 大型トラックメーカーUDトラックス(旧日産ディーゼル)が大型トラックによるレベル4自動運転のデモンストレーションを行った。今回のデモは港湾内、工場構内、物流施設、建設現場といった限られた環境で自動運転を行うというもので、同社は2020年の自動運転トラック実用化を目指しているという(Car Watch。)

 個人的には、このような公道以外に限定して早期導入を図るというやり方は最も現実的な進め方と考えているので、各社積極的に参加して欲しいと思う。

 しかしながら、港湾内のトレーラーは最大積載量と制限速度を守っていても積み荷のコンテナの重心次第で横転する事故が散発するものであり、一応対策は存在するのですが、そこまで織り込むのでしょうか。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
JR東、山手線の自動運転に向けた試験を深夜に実施へ 2018年12月06日
「運転を楽しむ」日本人ドライバーは43%、下落傾向 2018年11月28日
オランダ警察、犯人が乗る自動車の自動運転機能を遠隔操作して逮捕する研究 2018年11月23日
自動運転トラックのメリットとデメリット 2016年05月07日
ロボット技術を活用したトラックの縦列走行試験、燃費向上の効果あり 2014年06月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース