NY債券:10年債利回りが2.9%割れ、米小売売上高は予想超過も株安が影響

2018年12月15日 08:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:02JST NY債券:10年債利回りが2.9%割れ、米小売売上高は予想超過も株安が影響

14日の米国長期債相場はしっかり。株式市場の大幅下落が影響した。11月小売売上高が予想を上回り、米国経済への自信がいったん回復したものの、中国や欧州の低調な経済指標を受けた世界経済への懸念は払しょくできずにいる。

なお、11月の米小売売上高は前月比+0.2%となった。伸びは10月+1.1%から鈍化したものの、予想+0.1%は上回った。10月分は+1.1%へ+0.8%から5月来の大幅な伸びに上方修正された。変動の激しい自動車を除いた小売りは+0.2%と予想に一致。10月分は+1.0%へ+0.7%から上方修正された。さらに、コントロールグループと呼ばれる国内総生産(GDP)の算出に用いられる自動車・建材・給油・食品を除いた小売売上高は前月比+0.9%と、鈍化予想に反して予想の2倍以上の伸びを記録。10月分も+0.7%と、+0.3%から上方修正され。第4四半期のGDPで予想以上の成長が見られる可能性が出てきている。

2年債利回りは2.73%(前日比:-3bp)、10年債利回りは2.89%(同比:-2bp)、30年債利回りは3.14%(同比:-3bp)で取引を終えた。《TN》

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース