まとめサイト「保守速報」での名誉毀損、最高裁も名誉毀損の成立認める

2018年12月14日 22:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年7月、まとめサイト「保守速報」に対する名誉棄損裁判で高裁が保守速報に賠償金支払いを命じたが、最高裁もこの判決を支持、保守速報側の上告を棄却した(BuzzFeed News)。これにより、保守速報側に対し200万円の賠償を命じた高裁判決が確定した。

 この裁判では、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)への投稿を引用・転載する「まとめ」行為に対し名誉毀損などの不法行為が成立するかどうかが論点となっていた。高裁ではまとめについて、「一定の意図に基づき新たに作成した一本一本の記事(文書)であり、引用元の2ちゃんねるのスレッド等からは独立した別個の表現行為」とし、保守速報が不法行為の主体となったと判断していた。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 法廷 | インターネット

 関連ストーリー:
画像無断転載を行ったまとめサイトに対し使用料支払いを求めた裁判、支払いを命じる判決 2018年08月01日
まとめサイト「保守速報」に対する名誉棄損裁判、高裁も保守速報に賠償金支払いを命じる 2018年07月03日
知財高裁、写真のリツイートに対し一部が見切れることから著作者人格権侵害との判断を下す 2018年06月14日
まとめサイト「保守速報」、名誉棄損などで200万円の賠償を命じられる 2017年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード裁判

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース