普及が進むパスワードなし生体認証規格「FIDO」

2018年12月14日 22:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 寡聞にして知らなかったが、パスワードなしで利用できる生体認証の標準規格「FIDO(Fast IDentity Online、ファイド)」というものがあるらしい。物理的なログインキーや生体認証などを使った認証のための標準規格で、現在さまざまな企業がアライアンスに参加しているという(Engadget Japanese)。

 すでにNTTドコモやソフトバンク、Yahoo! JAPANがAndroid版のChromeブラウザでFIDOを使った生体認証によるログインがサポートされているほか、KDDIやLINEも今後サポートを行うという。

 Google ChromeやFirefoxもFIDOをサポートしているほか、EdgeやOperaも対応を進めている一方でAppleはFIDOアライアンスに参加していないため動向が不明だが、Safariでサポートが実験的に行われているようだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | テクノロジー | セキュリティ

 関連ストーリー:
「ペニスによる生体認証」を導入したアダルトチャットサービス 2017年07月14日
IoTはパスワードを不要にする、かもしれない 2015年06月24日
大垣共立銀行、「手のひら」認証によるカードレス取引のできるATMを9月より導入 2012年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモGoogleAndroidAppleKDDILINEYahoo!ChromeFirefoxOperaSafariパスワード

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース