日経平均テクニカル:続伸、中心線の本格回復も視野に

2018年12月13日 18:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:15JST 日経平均テクニカル:続伸、中心線の本格回復も視野に
13日の日経平均は続伸し、ローソク足は陽線を引いた。取引時間中としては4日以来の一時25日線超えをみせ、14日以降は終値の25日線超えや4日安値と5日高値で形成する窓埋めも期待される。一目均衡表では、日々線は雲下にとどまったが、ザラ場高値は一致して横ばいで推移する基準線と転換線に迫った。遅行線の株価との下方乖離幅は縮小し、弱気シグナルは小さくなった。ボリンジャーバンドでは、2日連続の一時-2σ割れとなった11日をボトムとした短期反発トレンド入りを示し、中心線への本格回復が視野に入ってきている。《FA》

広告

広告