NY原油:反落で51.15ドル、原油在庫の減少幅は予想を下回る

2018年12月13日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:34JST NY原油:反落で51.15ドル、原油在庫の減少幅は予想を下回る
NY原油先物1月限は反落(NYMEX原油1月限終値:51.15 ↓0.50)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比−0.50ドルの51.15ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて50.94ドルまで売られた。米エネルギー情報局(EIA)が公表した在庫統計で原油在庫の減少は120.8万バレルにとどまり、市場予想の−350万バレルほど減少しなかったことやガソリン在庫が前週実績を上回ったことなどが嫌気されたようだ。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による減産実施に確信が持てない投資家が多いことも原油先物相場の上昇を抑える一因となっているようだ。《CS》

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース