対応するカメラの特性に合わせファームウェア最適化する記録メディア発売

2018年12月12日 22:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 使用するカメラの特性に合わせてファームウェアを変更したというプロフェッショナル向け記録メディア「Angelbird MATCH PACK」が発売された(製品ページデジカメWatch)。

 発売されたのは、Blackmagic Designの「Pocket Cinema Camera 4K」向けをうたうCFast 2.0カードおよび外付けSSDと、富士フイルムの「X-T3」向けをうたうSDXCカード、パナソニックのDC-GH5およびDC-GH5S向けをうたうSDXCカード。ファームウェアを各カメラに最適化することで、カメラとメディア間のデータ転送とデータ書き込みを安定化したという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ストレージ

 関連ストーリー:
ソニーの一部デジカメと特定のSDカードの組み合わせで不具合が発生、原因はSDカード側の問題 2018年12月05日
容量を詐称したSDカードにご注意を 2018年11月30日
東芝の「書き換えができないSDカード」、実際には改ざんできる 2018年10月18日
Trancend、各種メモリカードの保証期限を無期限から5年に変更 2018年04月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士フイルムパナソニックファームウェア

広告