アスクル、個人向け通販「LOHACO」の配送料無料を税込3240円以上に変更

2018年12月12日 11:45

小

中

大

印刷

 アスクルの運営する個人向け通販サービス、「LOHACO」の基本配送料無料が従来の1,900円から3,240円(税込価格)へと変更になる。また同時に、基本配送料そのものは350円から216円へと値下げされる。

【こちらも】アスクル、充電器の不満解消オリジナル商品 ニッケル水素電池の需要拡大なるか

 国土交通省の発表によると、2017年度の宅配便取扱個数は42億5,133万個。前年比5.8%増であり、もちろん過去最高記録の更新だ。eコマースの成長に伴う宅配取扱量の増加が、eコマースそのものの首を絞めているという皮肉な現実が否定しようもなくここにはある。

 宅配業界の深刻な人出不足と、その他様々な加味される事情も相まって、宅配の世界の苦しさについては一般ユーザーの立場でもしばしば聞かれるところである。詳述はしないがサービスの低下・モラルの崩壊などを招きかねないのではないかと指摘する声もあり、これを社会問題としてとらえ「宅配クライシス」と言うことさえある。

 さて、アスクルのLOHACOは、「くらしをかるくする」というコンセプトのもと、主には家事育児や仕事に忙しい女性をターゲットとしたサービス展開を行ってきた。その上で、日用品をこそ気軽にeコマースで購入してほしいということから、当初より1,900円基本配送料無料という形態を取っていた。

 アスクルはこれまでにも、まとめての注文をしやすくするなど、宅配の個数をできるだけ増やさないようにという試みを繰り返してきたが、最終的に、より効率的な配送のためにはやむを得ないということで、配送サービスの変更という結果に至ったわけである。

 なお、飲料特別配送料、離島特別配送料、Happy On Timeサービス手数料、IYフレッシュ配送料、定期便配送料なども合わせて変更されている。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワード国土交通省アスクル

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース