今夏の異常気象、温暖化が原因という解析結果

2018年12月11日 22:31

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 今年7月には東京や埼玉で観測史上最高気温が記録されるなど今年の夏は猛暑だったが、この「異常気象」には地球温暖化が大きく関与しているという解析結果が出たと報じられている(NHK)。

 東京大学大気海洋研究所と気象庁気象研究所の研究チームが、「産業革命前の温暖化が進んでいない気象状況」を前提とした解析を行なったところ、温暖化が進んでいなければ今年7月の上空の気温は約2度低く、今夏のような記録的猛暑が発生する確率はほぼ0%という結果になったそうだ。

 また、西日本を中心に大きな被害を出した今年の西日本豪雨についても温暖化の影響を受けていたという結果も得られているという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球

 関連ストーリー:
世界的な異常高温は少なくとも5年間は続くと予想する研究論文が発表される 2018年08月16日
欧州でも記録的な猛暑、各国でトラブル発生 2018年08月08日
温暖化によって日本海深海の酸素が減少する恐れ 2018年08月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京大学地球温暖化

広告