米大統領の顧問弁護士、Twitterの自動リンク生成機能が反政権的と批判

2018年12月9日 20:16

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Twitterの自動リンク生成機能には政治的なバイアスがかかっていると、元ニューヨーク市長で現在はドナルド・トランプ大統領の顧問弁護士として大活躍のルディ・ジュリアーニ氏が批判している(Ars Technicaの記事The Vergeの記事The New York Timesの記事)。

問題が発生したのはジュリアーニ氏が11月30日に投稿したツイートで、ロシア疑惑を捜査するロバート・マラー特別検察官に関する内容だ。ジュリアーニ氏は大統領がG20出席のため米国を離れている間にマラー氏が告発状を提出したことを批判。しかし、「~G-20.」と書いた後にスペースを入れず、「In~」と続けて書いたため、「G-20.In」というリンクが自動生成されてしまう。この時点で該当するWebサイトは存在しなかったようだが、これを見つけたアトランタの男性がドメインを取得し、大統領を批判するWebページをその日のうちに公開した。

問題はツイートを削除すれば解消するはずだったが、ジュリアーニ氏は元のツイートをそのままにして、Twitterを批判するツイートを投稿する。このツイートではTwitterが大統領を批判するWebページへのリンクの追加を何者かに許可したことを示唆し、その証拠として「Helsinki.Either」がリンクになっていないことを指摘している。しかし、「G20.In」はTLD「.in」が存在するためリンクが自動生成されたのであり、「.either」というTLDは存在しない。

なお、ジュリアーニ氏は2017年1月、大統領就任前のトランプ氏から非公式なサイバーセキュリティ顧問に任命されている。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | Twitter | 政治 | 変なモノ | idle | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
Twitter、トランスジェンダーの人を元の性別や名前で呼ぶことを禁止 2018年12月02日
Twitter、米国中間選挙の投票妨害狙うアカウント1万件超を削除 2018年11月08日
トランプ大統領、Googleはオバマ政権寄りだとする動画をアップ 2018年09月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterセキュリティG20ドナルド・トランプ弁護士

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)
  • 「next cruiser EV」(画像: ブレイズの発表資料より)
  • 「Galaxy S10+ Olympic Games Edition」(画像: サムスン電子ジャパンの発表資料より)
  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース