Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表

2018年12月8日 14:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日Microsoft、Chromiumベースのブラウザ「Anaheim」を開発中?という話題があったが、Microsoftが正式にEdgeブラウザをChromiumベースにすることを明らかにした(Windows BlogsITmedia)。

 Microsoftによると、EdgeをChromiumベースにすることでより互換性が向上し、またWeb開発者はテストの手間を削減できるとしている。また、Windows 10以外のWindows向けにもリリースし、さらにリリースをより頻繁に行うことも計画しているという。macOSなどのWindows以外のプラットフォーム向けバージョンがリリースされる可能性もあるようだ。

 この「ChromiumベースのEdge」はオープンソースで開発され、すでにGitHub上にリポジトリも作成されている

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、Chromiumベースのブラウザ「Anaheim」を開発中? 2018年12月05日
Google Chromeのタブ機能は改善するか 2018年11月25日
Microsoft Edgeブラウザに新たな脆弱性、リモートコード実行が可能 2018年11月09日
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10ChromiumGitHubオープンソース

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース