Microsoft、EdgeブラウザをChromiumベースにすることを発表

2018年12月8日 14:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 先日Microsoft、Chromiumベースのブラウザ「Anaheim」を開発中?という話題があったが、Microsoftが正式にEdgeブラウザをChromiumベースにすることを明らかにした(Windows BlogsITmedia)。

 Microsoftによると、EdgeをChromiumベースにすることでより互換性が向上し、またWeb開発者はテストの手間を削減できるとしている。また、Windows 10以外のWindows向けにもリリースし、さらにリリースをより頻繁に行うことも計画しているという。macOSなどのWindows以外のプラットフォーム向けバージョンがリリースされる可能性もあるようだ。

 この「ChromiumベースのEdge」はオープンソースで開発され、すでにGitHub上にリポジトリも作成されている

 スラドのコメントを読む | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、Chromiumベースのブラウザ「Anaheim」を開発中? 2018年12月05日
Google Chromeのタブ機能は改善するか 2018年11月25日
Microsoft Edgeブラウザに新たな脆弱性、リモートコード実行が可能 2018年11月09日
主要ブラウザーは2020年にTLS 1.0/1.1を無効化する計画 2018年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10ChromiumGitHubオープンソース

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース