NY原油:続落で51.49ドル、OPEC総会で減産合意できず

2018年12月7日 07:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:32JST NY原油:続落で51.49ドル、OPEC総会で減産合意できず
NY原油先物1月限は続落(NYMEX原油1月限終値:51.49 ↓1.40)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比−1.40ドルの51.49ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めて50.08ドルまで下落した。この日発表された米週間在庫統計で原油在庫の減少幅は市場予想を上回ったが、石油輸出国機構(OPEC)総会で減産について合意できなかったことから、原油先物の上値は重くなった。米国株式が一時大幅安となったことも嫌気されたようだ。サウジアラビアは大規模な減産を提案しているが、ロシアは減産を準備していないと報じられている。《CS》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース