PayPay、「20%還元キャンペーン」開始で利用者が集中し不具合が発生

2018年12月6日 22:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 キャッシュレス決済サービスPayPayが12月4日より「20%還元キャンペーン」を開始した。決済金額の20%がポイントとして還元され、また抽選の当選者には購入額全額相当(最大10万円まで)のポイントも進呈されるというものだが、キャンペーンのスタートと共に利用者が集中し、決済ができなかったり、二重決済されるといった不具合が相次いで発生したという(ITmedia)。

 PayPayの障害情報ページによると、12月4日断続的に不具合が発生したようだが、その後は回復している模様。また、複数回決済が発生した場合はカスタマーサポートへの問い合わせをしてほしいとのこと(PayPay不具合に関するお詫びと複数回決済のお問い合わせ先について)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | IT | お金

 関連ストーリー:
「キャッシュレス」が進む中国でも使いこなせない高齢者の存在が課題に 2018年11月30日
「中国都市部ではキャッシュレス決済利用率が9割以上」というのは正しくないという指摘 2018年10月31日
政府、消費税増税に向けてクレジットカード会社に手数料引き下げを求める 2018年10月20日
キャッシュレス決済ポイント還元や食品の軽減税率といった消費税値上げ影響緩和案 2018年10月17日
経産省、2025年のキャッシュレス決済比率40%を目指す「キャッシュレス・ビジョン」を発表 2018年04月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードPayPay

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース