ソフトバンクグループはスマホの通信障害も影響して午後一段とジリ安基調

2018年12月6日 15:02

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■午前中は提携する中国・華為技術の幹部が北米で逮捕と伝えられる

 ソフトバンクグループ<9984>(東1)は12月6日の後場、一段とジリ安機長を強め、14時30分を過ぎては6%安の9016円(577円安)まで下押した。午前中は、次世代通信で共同展開する中国・華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者で創業者・任正非氏の娘・孟晩舟CFOがカナダで逮捕されていたと伝えられた上、午後は、スマートフォンなどのモバイルネットワークに通信障害が発生し、スマホが使えない状況が見受けられている。

 ソフトバンクモバイルは6日午後、「本日午後1時39分頃より、一部の地域で携帯電話サービスがご利用しづらい状況が発生しており、詳細を確認しております」などと発表した。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは戻り歩調、19年3月期は2Q累計が計画超の大幅増収増益で通期業績・配当予想も上方修正(2018/11/12)
巴工業は調整一巡して戻り歩調、18年10月期利益横ばい予想だが再増額余地(2018/11/12)
エランは明9日の3Q決算発表を前に通期業績再上ぶれ期待を高め下げ過ぎ訂正の続伸(2018/11/08)
メディシノバは続落もMN-166の臨床治験進展でバイオ株の逆行高特性を期待して突っ込み買いも交錯(2018/11/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「個別株」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース