自動運転技術を使い「新車の匂い」を消す技術、フォードが特許申請

2018年11月26日 21:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 米フォードが、自動運転技術を使って新車特有の匂いを消滅させるという手法の特許を取得した(GIGAZINEDetroit Free PressSlashdot)。

 中国では「新車の匂い」を不快に感じる人が多いとのことで、そのために対策が考案された模様。自動運転で「ニオイを消すために最適な場所」に移動して車内を高温状態にし、窓を開けることで匂いを減らすという。

 なお、実際にこの機能が車に搭載されるかどうかはまだ未定のようだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | パテント | 交通

 関連ストーリー:
マツダ、米国で「エンジン内にクモの巣が作られる可能性がある」として自動車をリコール 2014年04月10日
オフィスの冷蔵庫を掃除したら悪臭が発生、7人が病院送りに 2009年05月15日
日産、飲酒運転を防止するコンセプトカーを開発 2007年08月06日
酒臭い息を吹き込むと車が始動しないキー 2004年07月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自動運転フォード特許

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース