香川照之監修の洋服ブランド「インセクト コレクション」 ECサイトで予約開始

2018年11月24日 17:18

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 俳優の香川照之氏がプロデュースする昆虫をモチーフとしたアパレルブランド「インセクト コレクション(Insect Collection)」(運営:アランチヲネ/東京、香川照之代表)が初シーズンとなる2018秋冬コレクションを都内で発表した。ECサイト「サスティ(SUSTY)」で予約販売を開始した。
 同ブランドは、大の昆虫好きで知られる香川氏が代表を務める新会社アランチヲネが運営。日本語で「昆虫採集」という名前の通り、昆虫の柄をモチーフに、 子ども服をメインとしたアパレルアイテムを販売する。服育事業の一環として、「虫を観察し、 触れ合いを持つことで、生物というものが本来持つ可能性を再認識し、昆虫とともに大人も子供も成長してほしい」というねらいがある。地球に優しい素材、子供の肌にも優しい素材を使ったサスティナブル・ブランドとして、収益の一部は日本最古の自然保護団体でもある日本自然保護協会に寄付する。




 東京・上野の国立科学博物館「コンパス」で20日に開かれたお披露目イベントでは、香川氏もカマキリをモチーフにしたニットを着用し登場。ブランドへのこだわりを説明するとともに、子どもたちとのお揃いコーディネートを披露した。
 初コレクションは、アランチヲネの株主でもあるモブキャストホールディングス傘下のECサイト「サスティ(SUSTY)」で20日から販売を開始した。
 
「インセクト コレクション」公式サイト

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワード国立科学博物館香川照之

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース