国際 RSS

 

欧州司法裁判所、「味は著作権では保護されない」との判断

2018年11月20日 22:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 欧州で、「ハーブ入りの塗れるクリームチーズ」を開発・販売している企業が、別企業の後発製品について「同じ味」だとして著作権侵害で訴えた裁判が起きていたそうだ。これに対し欧州司法裁判所は「味は著作権で保護できない」との結論を下したという(BBCGIGAZINESlashdot)。

 裁判所の判断では、保護の対象となる著作物について「オリジナルな知的生産物である」「十分正確かつ客観的に識別が可能な創造による表現である」との条件を示しており、今回争点となっているチーズは後者の条件を満たしていないと判断したようだ。

スラドのコメントを読む | YROセクション | パテント | 著作権

 関連ストーリー:
特許庁、ロックバンド「ブラック・サバス」は日本で著名ではないと判断 2018年11月03日
1分間無音の楽曲がオーストリアのiTunes Storeチャートで1位になる 2015年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害裁判

「国際その他」の写真ニュース

国際の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース