ホンダ、広州ショーで中国専用の新型EV「理念 VE-1」を世界初公開

2018年11月18日 11:24

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ホンダは中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。その第一弾が写真の「理念 VE-1」で、一度のフル充電で340kmの走行が可能だ

ホンダは中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。その第一弾が写真の「理念 VE-1」で、一度のフル充電で340kmの走行が可能だ[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、中国・広州で開催されている2018年広州モーターショー(第16回広州国際汽車展覧会、プレスデーが11月16日、特別招待日が11月17日~18日、一般公開日は11月19日~25日だ)において、中国市場専用の電気自動車(EV)「理念 VE-1」を世界初公開した。

【こちらも】ホンダ、中国専用EVのコンセプトカー「理念 EV CONCEPT」発表

 広汽ホンダの自主ブランドモデルである「理念 VE-1」は、本田技研科技(中国)有限公司(総経理:水野泰秀)と広汽本田汽車有限公司との共同開発により、中国専用に投入する初の量産EV。

 理念 VE-1は、ホンダのヴェゼルなどのコンパクトSUVプラットフォームをベースに、高効率なEVユニットを高いパッケージング技術でレイアウトすることで、クラストップレベルの室内空間を実現。また、大容量バッテリーを床下に配置することによる低重心化や、サスペンションの最適化などにより、高い走行安定性を発揮。53.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載するモデルだ。

 その結果、NEDC(New European Driving Cycles)モードで340kmの航続距離を獲得している。最大出力120kW、最大トルク280Nmを発生するパワートレーンは、パワーやトルクの緻密な制御による3つの走行モードを備え、「SPORT EV」として意のままと感じられるドライビング性能を実現したという。

 さらには、ホンダが出資をする中国のカーシェアリング事業会社であるReachstar(リーチスター)社のカーシェアリングサービスを通じた新型EV活用も、2019年に開始する予定である。

 ホンダは、今後も電動化に向けた商品の拡充を加速させ、中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
ホンダ、人気ンバーワン軽自動車「Nシリーズ」テコ入れ、特別仕様車多数
世界自動車需要は早期に縮む、発端は中国の新車販売減。背景にトランプ保護主義
ホンダ、デビューから2年で400台を販売した「NSX」、初マイナーチェンジ実施
2018年度上半期、新車販売トップは、あのKカーだが、新型3車種が猛追する
ホンダ、今冬発売のミッドサイズハイブリッド車「インサイト」、HPで先行公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業電気自動車中国

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース