NY原油:横ばいで56.46ドル、減産・増産の観測入り混じり売り買い綱引き

2018年11月17日 06:56

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*06:56JST NY原油:横ばいで56.46ドル、減産・増産の観測入り混じり売り買い綱引き

 NY原油先物は横ばい(NYMEX原油12月限終値:56.46→0.00)。57.96ドルまで上昇後、55.89ドルまで下落した。OPECなど産油国が来年の減産を協議するとの観測が根強いほか、米国の利上げ打ち止め思惑によるドル売りで割安感が強まり、買いが先行。


 一方、米国内の原油在庫はここのところ大幅増が継続。原油生産量も拡大するなか、米ベーカー・ヒューズ社が本日発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が2基増の888基となったことで売りもみられ、下落に転じる場面があった。《KK》

「マーケット」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース