Microsoft、SysinternalsツールのLinux移植を開始

2018年11月10日 19:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftがWindowsのトラブルシューティングツール「Sysinternals」ツールのLinuxへの移植を開始したそうだ(MicrosoftのDavid Fowler氏のツイートBetaNewsの記事Softpediaの記事)。

第一弾の「ProcDump for Linux」はプロセスを監視し、指定した条件に従ってコアダンプを出力するコマンドラインツールだ。現在のところLinuxカーネルバージョン3.5以降が必要となり、Windows版の全機能をサポートしているわけではないとのこと。ソースコードはGitHubで公開されており、ライセンスはMIT Licenseとなっている。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | オープンソース | マイクロソフト | ソフトウェア

 関連ストーリー:
Windows Defenderウイルス対策、サンドボックス内実行が可能になる 2018年10月31日
PowerShell Core、Snapとしてリリースされる 2018年07月25日
PowerShellがオープンソースに、LinuxおよびMac OS X版も提供へ 2016年08月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsLinuxGitHub

「ソフトウェア・OS」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告