Microsoft、SysinternalsツールのLinux移植を開始

2018年11月10日 19:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

MicrosoftがWindowsのトラブルシューティングツール「Sysinternals」ツールのLinuxへの移植を開始したそうだ(MicrosoftのDavid Fowler氏のツイートBetaNewsの記事Softpediaの記事)。

第一弾の「ProcDump for Linux」はプロセスを監視し、指定した条件に従ってコアダンプを出力するコマンドラインツールだ。現在のところLinuxカーネルバージョン3.5以降が必要となり、Windows版の全機能をサポートしているわけではないとのこと。ソースコードはGitHubで公開されており、ライセンスはMIT Licenseとなっている。

 スラドのコメントを読む | Linuxセクション | Linux | オープンソース | マイクロソフト | ソフトウェア

 関連ストーリー:
Windows Defenderウイルス対策、サンドボックス内実行が可能になる 2018年10月31日
PowerShell Core、Snapとしてリリースされる 2018年07月25日
PowerShellがオープンソースに、LinuxおよびMac OS X版も提供へ 2016年08月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsLinuxGitHub

広告

広告

写真で見るニュース

  • ゆいレール (c) 123rf
  • 2018年7月に実施された実証実験時の様子。(画像:セコムの発表資料より)
  • 新型「KATANA」。(画像:スズキ発表資料より)
  • 金農パンケーキ~ブルーベリー&ホイップクリーム~。(画像:ローソン発表資料より)
  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース