JAXA、電動航空機に関する活動進める

2018年11月8日 22:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Yohsa曰く、 JAXAが航空機の電動化に向けた活動を進めている(JAXAの航空機電動化(ECLAIR)コンソーシアムページ)。

 近年、各国で電動の重航空機の開発が盛んになっている。頻繁にテック系ニュースサイトで採り上げられる「有人のドローン(マルチコプタ)」だけでなく、中小型の旅客機の電動化を視野に入れた開発も行われている。これは将来の航空需要の増大に伴い、現状のエネルギ効率が悪い推進機では燃料資源を浪費しそれに伴いCO2排出量が増大するために、その抑止を企図して開発がされている。

 また、JAXAは電動航空機に関する特集記事の連載も開始している。現在の記事と連載予定は以下の通り。

  第1回「航空機を電動化する」~航空機のエンジンを電動化するさまざまな方式~  
 第2回「電動化する理由」~世の中で進む航空機のエンジンの電動化~ 
 第3回「JAXAが描く未来の電動航空機」~エミッションフリー機~ 
 第4回「電動化を実現する技術」~電動化に求められる要素技術はどこにあるか~ 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | JAXA | サイエンス

 関連ストーリー:
電気旅客機の実現は時間の問題 2017年10月05日
イーロン・マスクの次の目標は超音速電気飛行機 2016年02月13日
一回の充電で2時間飛べる電動飛行機 2008年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードドローン宇宙航空研究開発機構(JAXA)

広告

写真で見るニュース

  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース