AVAST、仮想通貨マイニング関連ソフトをマルウェアと判定する基準発表

2018年11月8日 09:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 セキュリティソフトなどを手がけるAVAST Softwareが、「仮想通貨採掘行動のガイドライン」を発表した(仮想通貨WatchAVASTの発表)。

 最近ではユーザーの同意を得ずにインストールしたマシンのリソースを使って仮想通貨採掘を行うようなソフトウェアが登場しており問題となっている。今回のガイドラインはこうしたソフトウェアを「悪意のあるソフトウェア」としてブロックするための判断基準を示すものだ。

 こういった機能を持つソフトウェアをマルウェアと判断しないための基準としては、初回のインストールおよび実行時に採掘機能のオン/オフをユーザーが明示的に指定できること、指定を行って初めてそれに従って採掘を開始すること、分かりやすい表示を行い「同意しない」を選択する場合に余計な手間がかからないこと、などが挙げられている。

 また、最近ではJavaScriptを使って採掘を行うWebサイトについても問題となっているが、こういったサイトについても悪意のあるサイトかどうかを判断する基準が記されている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
ルーターに感染し採掘コードを埋め込むマルウェアが流行、マンションの共有ルータへの感染が疑われる例も 2018年08月27日
バックグラウンドで秘密裏に仮想通貨のマイニングを実行するゲームが見つかる 2018年08月03日
Ubuntu向けのパッケージ配信サービスでマイニングコード入りのパッケージが配信される 2018年05月16日
仮想通貨の採掘をバックグラウンドで行うツールを同梱するフリーウェアが登場 2018年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアセキュリティJavaScript仮想通貨

「セキュリティ・プライバシー」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース