カルビー、ポテトチップス「コンソメチョップ」「コンソメキック」を期間限定発売

2018年10月28日 21:55

小

中

大

印刷

左『ポテトチップス コンソメチョップ』右『ポテトチップスクリスプ コンソメキック』。(画像:カルビー発表資料より)

左『ポテトチップス コンソメチョップ』右『ポテトチップスクリスプ コンソメキック』。(画像:カルビー発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 冗談のような話だが冗談というわけではない。カルビーは、ロングセラー商品「カルビーポテトチップスコンソメパンチ」の発売40周年を記念して、期間限定の特別商品『ポテトチップス コンソメチョップ』『ポテトチップスクリスプ コンソメキック』を、11月12日から全国発売する。終売は12月下旬を予定しているという。

【こちらも】カルビー、47都道府県味のポテトチップス発売 2017年に続き2回目

 言うまでもないことではあるが「コンソメパンチ」の「パンチ」は元々は「パンチ」という意味ではない。コンソメパンチが初めて発売された1978年当時、パンチという言葉は流行語であったのである。ニュアンスは「勢いがある」「元気がいい」といったような感じの言葉であったらしい。ちなみに今でもコンソメパンチのブランドイメージは「元気のよさ」「たのしさ」なのだそうだ。

 さて、ではコンソメチョップは何がチョップなのかというと、実はトマトケチャップパウダーを隠し味に使っているからチョップであるらしい。コンソメパンチのコク深い味をベースに、甘味のある優しい味わいに仕上げられている。

 コンソメキックの方は、クリスプタイプである。ブラックペッパーなどのスパイスを利かせて、インパクトのある食べごたえに仕上げられている。

 ところでコンソメパンチの40周年記念企画はこれだけではない。まずはオリジナルキャラクター「コンソメパンダ」の展開。YouTube動画やパッケージ、販促物などに搭乗する。

 そのYouTube広告は、11月19日から期間限定で6秒間のバンパー広告を展開する。

 また、11月初旬には、ブランドサイトを開設し、商品ラインナップ、ポテトチップスの歴史やトリビア、おいしさの秘密などの情報を発信していくという。

 最後に、『ポテトチップス コンソメチョップ』『ポテトチップスクリスプ コンソメキック』、価格はいずれもオープンであるが、想定価格は税込でチョップが120円前後、キックが235円前後とのことである。(記事:藤沢文太・記事一覧を見る

関連キーワードYouTubeカルビー

広告

写真で見るニュース

  • 「十勝産とうきびのスープ」(写真:ローソンの発表資料より)
  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース