日経平均は156円高でスタート、買い戻し一巡後は伸び悩む展開に

2018年10月24日 10:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;22167.76;+156.98TOPIX;1661.29;+10.57


[寄り付き概況]
 10月24日の日経平均は前日比156.98円高の22167.76円と反発して取引を開始した。23日の米国市場でNYダウは125.98ドル安の25191.43、ナスダック総合指数は31.09ポイント安の7437.54で取引を終了した。NYダウはアジア・欧州株が全面安となった流れを引き継いだほか、主要企業の決算が嫌気されて一時500ドルを超える下落となったものの、買い戻しの動きに伴い引けにかけて下げ幅を縮小した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比255円高の22175円だった。本日の日経平均はこうした流れを引き継ぎ、前日の大幅安に対する自律反発が意識される流れとなった。しかし、引き続き海外情勢の先行きに対する警戒感は残り、買い戻しが一巡した後は伸び悩む展開となっている。

 セクター別では小売業、ゴム製品、電気・ガス業などが堅調。一方で鉱業、石油・石炭製品の下げが目立ち、保険業、海運業なども軟調となっている。売買代金上位では、決算が好感された日本電産<6594>が買われており、ファーストリテ<9983>やトヨタ自<7203>も堅調。反面、SUMCO<3436>やSUBARU<7270>が大きく下落している。《US》

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース