CEATEC AWARD 2018、総務大臣賞は京セラの小型アンテナ「Amcenna」

2018年10月21日 17:21

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

CEATEC AWARD 2018の総務大臣賞を受賞した京セラの小型アンテナ「Amcenna」、サイズは、縦×横×高さ7.0×13.6×1.9mmと小さい

CEATEC AWARD 2018の総務大臣賞を受賞した京セラの小型アンテナ「Amcenna」、サイズは、縦×横×高さ7.0×13.6×1.9mmと小さい[写真拡大]

写真の拡大

 第19回目を迎え、「つながる社会、共創する未来」を掲げる「CEATEC 2018」が千葉・幕張メッセを会場に10月16日から開催された。イベントは、当初の国際家電見本市という立ち位置から大きく変貌し、近年では「Society 5.0」の実現を標榜する。

 その「Society 5.0」の実現に相応しい新たな価値と市場の創造・発展、そして関連産業の活性化に寄与する製品に対して毎回「CEATEC AWARD」の授与を実施してきた。今回、「CEATEC AWARD 2018」では、同アワード審査委員会の審査の結果、総務大臣賞に京セラの小型アンテナ「Amcenna(アムセナ)」が選ばれた。

 京セラが開発した小型アンテナ「Amcenna」は、金属や水の上でも通信特性は低下しない製品で、人工磁気壁(AMC)の小型化とAMCそのものにアンテナ機能を持たせた独立した小型薄型アンテナだ。その結果、従来難しいとされた機械設備や自動車ボディモノコックなどの金属部部、ウェアラブル端末などに設置が可能となった。受賞理由は、モノをインターネットに繋ぐIoT分野における通信デバイスとして大きな期待が寄せられた製品だということ。

 京セラの独自技術によって開発した、設置場所を選ばない、大幅な小型・薄型化を図ったアンテナのサイズは、縦×横×高さ7.0×13.6×1.9mmと極めて小さい。これは、AMCを用いた従来型のアンテナ比で、面積が60分の1、厚さは2分の1となった。

 総務大臣賞の授与は、CEATEC開催前日に都内のホテルで開催された「CEATEC Japan 2018 オープニングレセプション」で行なわれ、石田真敏総務大臣が賞状と盾を京セラの谷本秀夫社長に手渡した。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
国内携帯電市場、足踏み状態。アップル出荷減少が影響
自動技術展 人とくるまのテクノロジー展 開催間近! 今年注目の展示は?
【京都の電子部品メーカー4社の今期見通し】スマホ市場が伸び悩むなか着実に業績をあげる磐石な経営体質のヒミツとは
7年間で10倍以上に成長? 加速するIoT市場で巻き返しを図る日本の技術力
イヤホンで自律神経や血圧調整機能など体の状態測定へ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIoT(Internet of Things)京セラCEATEC JAPAN幕張メッセ

「研究・開発」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る