富士通ゼネラル、水冷式の「ウェアラブルエアコン」を発表

2018年10月18日 08:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 富士通ゼネラルが「ウェアラブルエアコン」なる製品の試作品をCEATEC JAPAN 2018で展示している(家電Watch)。

 ペルチェ素子と冷却材を循環させるチューブを組み合わせたもので、冷却部を首にかけて利用する。詳細はまだ非公開だが、35℃の環境で2〜4時間の稼働実績があるという。また、冷却部のデザインは複数が試作されているようだ。2020年の製品化・量産化を目指しているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
ペルチェ素子を用いた遺体安置台 2018年07月07日
サンワサプライ、ペルチェ素子を使ったスマートフォン向けの充電式クーラーを発売 2018年06月12日
ペルチェ冷却装置を組み込んでセンサを-27℃にまで冷やせる天体撮影向けカメラ 2016年10月17日
脇の下に風を送って脇汗を防止する「脇の下クーラー」 2016年07月18日
JAXA、冷却ベストを発売へ 2014年05月30日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード富士通ウェアラブル端末CEATEC JAPAN

広告