スマホゲーム業界、2018年は大きなヒットタイトル無し

2018年10月10日 10:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2018年のスマホゲーム業界には大ヒットする新規タイトルがなく、多くの企業が減益・赤字となっているという(東洋経済)。特にスマートフォンゲームを主力としている企業の業績は大きく大きく悪化しているようだ。

 記事ではスマートフォンゲーム人気作品がリリース年別に並べられているが、2012年の「パズル&ドラゴンズ」や2013年の「モンスターストライク」、2014年の「ディズニーツムツム」、「白猫プロジェクト」2015年の「Fate/Grand Order」「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」「アイドルマスター シンデレラガールズ」、2016年の「ポケモンGo」といったタイトルが未だ国内セールスランキングトップ10に入っている一方で、2017年以降リリースタイトルでトップ10に入っているのはサイバーエージェントの「バンドリ!アールズバンドパーティ!」と中国・ネットイースの「荒野行動」のみ。2018年リリースのタイトルは1本もトップ10に入っていない。

 多くのユーザーが既存タイトルをプレイし続けているため新規タイトルが厳しいという声もあるが、日本企業が「新しい遊びを提供できていない」という分析もある。開発費も高騰しており、スマホゲーム業界は厳しい状況のようだ。

 スラドのコメントを読む | ゲーム

 関連ストーリー:
スマホゲーム「アナザーエデン」で公開されていないガチャの確率調整が行われていたことが明らかに 2018年09月20日
無料のスマホゲームを利用して盗難クレジットカードでの資金洗浄が行われていた 2018年07月23日
セガ、「艦これアーケード」の権利を侵害しているとしてスマホゲーム「アビス・ホライゾン」に対し配信停止を求める 2018年07月13日
スマホゲームのガチャ確率表記を巡る訴訟、サイトに記載されていた運営元が実際とは異なっていたため和解に 2018年04月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードポケモンドラゴンボールディズニーモンスターストライクアイドルマスター シンデレラガールズドラゴンボールZFate/Grand Orderサイバーエージェント

「ゲーム関連」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース