【注目銘柄】クリーク・アンド・リバー社の5日の株価は前日比162円安と急落

2018年10月8日 23:31

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■4日に発表された第2四半期は増収増益で、当初予想を上回る

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は4日、今期19年2月期第2四半期決算を発表した。翌5日の株価は、8月24日以来の1100円台となる前日比162円安の1104円と急落し、売り攻勢となったことから60万500株と今期一番の出来高となった。

 これほど急落したのは、第2四半期の業績が投資家の期待を下回ったことが原因と思われる。

 しかし、4日に発表された第2四半期連結業績は、売上高148億18百万円(前年同期比4.5%増)、営業利益12億64百万円(同1.5%増)、経常利益12億56百万円(同0.2%増)、純利益7億38百万円(同0.6%増)と増収増益で、当初予想を売上で4億18百万円、営業利益で14百万円、経常利益で06百万円上回る決算であった。

■今期計画していなかったクレイテックワークスを子会社化

 しかも、今期計画していなかったクレイテックワークスを子会社化したことで、営業利益への影響が-30百万円出たにもかかわらず、当初予想を上回る結果となっている。

 第2四半期がわずかであるが計画を上回ったこともあり、通期連結業績予想は、当初予想を据え置いている。

 ちなみに、19年2月期連結業績予想は、売上高295億円(前期比10.5%増)、営業利益19億50百万円(同8.0%増)、経常利益19億50百万円(同6.9%増)、純利益11億50百万円(同4.2%増)と最高益更新を見込む。

■10月11日に本社機能を新橋4丁目の「新虎通りCORE」に移転

 今期は、10月11日に本社機能を新橋4丁目の「新虎通りCORE」に移転する。移転費用として、上半期約80百万円、下半期約5億円を経費として見込んでいる。その経費をカバーしたうえで最高益更新を見込んでいることから、同社の業績は好調といえる。

 株価は急落したが、本社を今注目の新虎通りに移転することは、今後の成長の自信の表れと言える。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「銘柄フラッシュ」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース