楽天、「5G」の実証試験を初めて実施 ノキアと共同で

2018年10月2日 20:13

小

中

大

印刷

 楽天グループの楽天モバイルネットワークと、ノキアソリューションズ&ネットワークスは、28GHz帯の第5世代移動通信方式(以下、5G)のOTA(over the air)実証実験を初めて実施し、4K動画や360度の3D-VR映像のライブストリーミング配信などが5Gに適用可能なことを確認した。この実証試験は、神奈川県川崎市のノキア川崎R&Dセンター内のシールドルームで、ノキアが保有するAir Scale基地局とインテル社製のモバイルトライアルプラットフォームを利用して6月から実施された。

【こちらも】楽天ECの拡充は差別化と商圏拡大

 楽天モバイルネットワークは、本年4月に総務省から、第4世代携帯電話システム(4G)用周波数(1.7GHz帯)の特定基地局開設認定を受け、2019年10月から移動体通信事業者としてのサービス開始を目指している。そのため現在、ノキアほかの各種事業者と全国規模でのモバイルネットワークの設計と構築を進めている。

 5Gによる高速大容量通信の実現は、今後のIoT化をはじめとする社会・産業の革新に必要不可欠となる。その5Gアプリケーションの性能は、セキュアな無線アクセスとクラウド技術で構築されるE2Eのネットワーク品質に依存するが、ノキアでは、既に次世代のネットワークアーキテクチャ「Future Xアーキテクチャ」およびオープン性を前提とするE2Eでの5Gネットワークの開発を進めている。

 今後も両社は、楽天モバイルネットワークが構築中の4Gネットワークを5Gに進化させるシステム開発も併せて推進していくという。

関連キーワード楽天IoT(Internet of Things)5G(第5世代移動通信システム)楽天モバイル

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
  • 2018年4月25日に公開された詳細な銀河系の立体地図 (c) ESA
  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース