リアル“黒い”剣士が登場!『ベルセルク』実写ガッツを松崎しげるが熱演!?

2018年9月29日 19:15

小

中

大

印刷

 漫画『ベルセルク』最新40巻発売の記念PVで、“黒い剣士”と呼ばれるガッツを“黒い歌手”こと松崎しげる氏が演じ話題となっている。

 このPVは『ベルセルク』特設頁及び「ヤングアニマル」公式のYouTubeチャンネルで、メイキングやインタビュー動画とともに現在公開中だ。

■“黒”つながり?黒い剣士ガッツを松崎しげるが演じる

 9月27日、ダークファンタジー漫画の最高峰『ベルセルク(BERSERK)』第40巻発売を記念して、実写版PVに歌手の松崎しげる氏が主人公の“黒い剣士”ことガッツ役で出演した。このPVは「ヤングアニマル」公式YouTubeチャンネルで、メイキングやインタビュー動画とともに現在公開中である。

 漫画家・三浦健太郎氏が手掛ける『ベルセルク』は、“黒い剣士”と呼ばれる主人公・ガッツが、仲間とともに“人ならざる者ども”と戦い続けるダークファンタジー(伝奇)漫画。1989年より連載がスタートし、いく度となくアニメや映画化もされた人気作品だ。9月28日に発売された最新第40巻は、前巻から1年3カ月以上経つという、まさにファン待望の一冊だ。

 それを記念して、発売前日となる27日からPVが公開となった。今回のPVでは作中で“黒い剣士”と呼ばれるガッツを、芸能界で“黒い歌手”の異名を持つ松崎しげる氏が担当。松崎氏が、ガッツと同じ“黒い”つながりによる“コラボ”であるようだ。

 とはいえ今回の松崎版ガッツのPVは日本のファンのみならず、松崎氏の存在や“黒い”つながりを知らない海外ファンにとっては、かなり衝撃的なPVとなったようである。

 1977年に大ヒットとなった『愛のメモリー』など、その優れた歌唱力で多くのファンを魅了した松崎氏も現在68歳。公私ともに“色が黒い”ことをネタにし、松崎氏の肌の色を絵の具で作る「まつざきしげるいろ」という明るめな茶色が存在するほどのキャラクターだ。

 本作PVの最後では、松崎氏の豊かな声量に度肝を抜かれるので、興味がある人は視聴してはどうだろうか。(記事:高塔・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションベルセルク

「アニメ・マンガ・特撮」の写真ニュース

エンタメの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース