CANBAS 大幅に3日続伸、抗癌剤候補化合物CBP501で米国特許庁から特許査定受領/新興市場スナップショット

2018年9月28日 09:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:32JST <4575> CANBAS 685 +53
大幅に3日続伸。開発中の抗癌剤候補化合物CBP501に関する特許出願について、米国特許庁から特許査定を受領したと発表している。CBP501と免疫チェックポイント阻害抗体などを併用投与することに特許性が存在すると認められた。現在、臨床試験(フェーズ1b試験)を米国で実施しており、医薬品として承認された場合には投与方法が特許によって保護されることになるという。《HH》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース