CANBAS 大幅に3日続伸、抗癌剤候補化合物CBP501で米国特許庁から特許査定受領/新興市場スナップショット

2018年9月28日 09:32

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:32JST <4575> CANBAS 685 +53
大幅に3日続伸。開発中の抗癌剤候補化合物CBP501に関する特許出願について、米国特許庁から特許査定を受領したと発表している。CBP501と免疫チェックポイント阻害抗体などを併用投与することに特許性が存在すると認められた。現在、臨床試験(フェーズ1b試験)を米国で実施しており、医薬品として承認された場合には投与方法が特許によって保護されることになるという。《HH》

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • スタイラスペン「SonarPen」(画像: Makuakeより)
  • X線による観測の様子。(c) X-ray: NASA/CXC/Uni. of Science and Technology of China/Y. Xue et al; Optical: NASA/STScI
  • 「GT-R」「GT-R NISMO」2020年モデル発表の様子。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース