スターティアHDはBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018-19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結

2018年9月12日 16:58

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

スターティアHD<3393>(東1)は熊本県を本拠地として活動しているBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018-19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結をした。

スターティアHD<3393>(東1)は熊本県を本拠地として活動しているBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018-19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結をした。[写真拡大]

写真の拡大

■熊本ヴォルターズは地震からの復興の一翼を担い、積極的に熊本県の復興支援を行う

 スターティアHD<3393>(東1)は熊本県を本拠地として活動しているBリーグ所属プロバスケットボールクラブ「熊本ヴォルターズ」と2018-19シーズンのオフィシャルパートナー契約を締結をした。

 2016年4月の熊本地震から2年が経過したが、熊本県およびその周辺地域では、依然として約3万6千人もの方々(平成30年4月末時点)が仮設住宅での暮らしを余儀なくされている。そうした中、熊本ヴォルターズは、熊本県を本拠地とする地域プロスポーツクラブとして、地震からの復興の一翼を担っていきたいと考えており、6月にはブロックチェーン技術を使った復興支援に繋がる地域活性化計画を発表するなど、積極的に熊本県の復興支援を行っている。

■スターティアHDは熊本ヴォルターズの取り組みに共感し、応援を通して、熊本の復興を支援

 同社は、熊本ヴォルターズの取り組みに共感し、トップリーグを目指しながら熊本の復興と地域活性化に力を入れている「熊本ヴォルターズ」への応援を通して、熊本の復興支援を行うことを決定した。

 今後、2018-19シーズンの開幕日(2018年9月29日(土))からは、試合の経過報告を同社グループ公式SNS(facebook: https://www.facebook.com/startia/ 、twitter: https://twitter.com/startiagroup_pr)等で発信する他、プレイヤーとファンが一緒に盛り上がれるような様々な取り組みを行っていく。

 「当社は東日本、ネパール、台湾南部などの大震災における義援金の寄付や事業活動を通して、社会への使命を果たすべく、サービスの無償提供などの復興支援活動を行ってまいりました 。2016年に発生した私の郷土でもある熊本の地震においても義援金の寄付を行っており、今回は熊本県を本拠地として活躍する「熊本ヴォルターズ」への応援を通して、熊本の復興支援を行って参ります 。また、今後は選手とファンの皆様が交流できる企画を当社グループのサービスを用いて実施するなど、熊本を起点に周辺地域やコミュニティの活性化にもつなげ、地域とともに発展を目指して参ります 。」(スターティアホールディングス代表、本郷秀之氏のコメント)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【業績でみる株価】FCMは18年3月期大幅増収増益・増配予想で再増額の可能性(2018/02/20)
【株式評論家の視点】日本システム技術は第3四半期営業黒字転換、昨年9月の下値圏に届き値ごろ感(2018/02/08)
カチタスはニトリの家具・インテリア付き中古住宅の販売に期待感、2600円どころが下値圏(2018/02/13)
【編集長の視点】BEENOSは1Q流通総額の高進捗率を手掛かりに売られ過ぎの訂正買いが拡大し続急伸(2018/02/19)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース